11月8日、全労済自治労共済本部福岡県支部は全労済福岡県本部、九州労金福岡県本部と協同で
「2013年度 自治労共済 退職予定者セミナー」をヒルトン福岡シーホークで実施し、参加者からとても好評価をいただきました。
 このセミナーは2014年3月末までの退職予定の方を対象に、じちろう共済各種制度の退職後の取り扱いや、豊かな将来のためのマネープランについてご提案しました。「業務の都合などで当日参加できなかったけど、詳しい話を聞きたい」という方は、所属の組合か県支部までご相談ください。

<じちろうの共済各種制度の退職後の取り扱いについて>
いずれの制度も、「退職者会」に加入することが条件となります。「退職者会」については所属の組合・支部へご確認ください。

再任用(再雇用)期間中は加入いただけますが、退職後は加入いただけません。
→「長期共済」に加入していれば、退職後共済(「年金給付」「医療給付」「遺族給付」)をご利用いただけます。
 
退職後も加入いただけます。
「月払」から「年払」になるため、掛金が若干安くなります。
 
退職後、新規加入は出来ません。(但し2、3台目などの増車加入は可能です)
じちろうマイカー共済・自動車共済に新たに加入を希望される方は2014年3月末までに加入手続きをお勧めします。
 
新しく組合員になられる方へ(出資金について)

全労済(全国労働者共済生活協同組合連合会)と自治労共済生協(全日本自治体労働者共済生活協同組合)は、消費生活協同組合法にもとづき非営利で共済事業を営む生活協同組合連合会と同連合会に統合参加する生活協同組合です。生活協同組合は組合員の参加により運営されています。新しく組合員になられる方は出資金100円をお支払いいただき自治労共済生協の組合員となっていただくことにより、各都道府県支部と組合(またはこれに準ずる団体)の取り扱いにあわせて、全労済と自治労共済生協の各種共済を利用することができます。

全労済は、将来の支払いに備えて、厚生労働省令に定められている共済契約準備金をこえる充分な積み立てを行っています。また、資産運用のリスクを適切に管理し、健全な資産運用を行っています。全労済は、これからも引き続き健全な経営に努めていくとともに、情報開示を積極的に行っていきます。また、個人情報保護法をはじめ関連する法令等を遵守し、お預かりした組合員の皆さまの情報について厳重な管理体制のもとに正確性・機密性・安全性の確保に努めています。詳しくは各都道府県支部にお問い合わせください。
 
TEL:092-711-9541
 FAX:092-751-5275